トピックス−活動報告

【16.03.13】16春闘 決起集会

大幅賃上げで景気回復

 3月13日(日)静岡市常磐公園で3.13春闘決起集会を開催しました。  

大企業は内部留保を300兆円

 主催者あいさつで林克県評議長は「安倍首相も賃上げは必要だと言っている、これは私たちの運動で世論を動かし、そういわせた。また、大企業は内部留保を300兆円も溜め込んでいる、1年分の内部留保を賃上げに回せば6万円も上がる」と強調しました。  

 激励に駆けつけた自由法曹団の弉寿治弁護士は「安倍首相は、景気回復といいつつでたらめなことをやっている。マイナス金利政策は、アベノミクスの破たんを認めたことだ。また雇用の流動化と称し、人材派遣業者の要求に沿って法律を変えている」と鋭く批判されたあいさつでした。
 共産党からは、島津幸広参議院議員と参議院候補の鈴木ちかさんも激励に駆けつけました。
 

 

たたかいの1分スピーチ

  16春闘を闘う決意表明を5名が行い、働く環境の改善や最低賃金の引き上げ、公務・民間と一緒に春闘を闘うなどの表明がありました。  

 県内で、資本から不当な攻撃と闘っている富士急石川タクシー労働組合と大学人ユニオンから支援の訴えがありました。  

集会宣言を採択

 最後に集会宣言を採択し静岡市内をデモ行進しました。当日は、おでんフェアもあり多くの人にアピールできました。  

職場・地域から大幅賃上げを勝ち取ろう

 

静岡市内をデモ行進

 

 

 

 

▲ このページの先頭にもどる