活動報告

22春闘決起集会

カテゴリー:

 2月20日(日)、春闘勝利を目指し、東部・中部地区の決起集会を静岡市葵区の青葉緑地で行いました。当日は「まん延防止等重点措置」の期間であり通常のデモ行進、大人数による集会は中止し、各組合・地域の代表が参加しアピールを行いました。また「安全・安心の医療・介護・福祉を求める いのちを守る署名ハガキ」2000枚を戸別配布しました。

 

 主催者あいさつ
 菊池仁静岡県春闘共闘会議議長(静岡県評議長)は「世界では労働者の賃金を上げることで経済を回していこうとしているが、日本では賃金が下がっている。世界から取り残されている労働者の賃金を上げていく必要がある。まずは、最低賃金を全国一律1500円に引き上げるべきだ」また「医療関係では、新型コロナで大変な状況となっている。政府がこれまで進めてきた病院の削減・医療関係者の削減を行ってきた結果だ。これらを改善させる運動が必要だ。また、ケア労働者の賃上げが重要だ」。

「労働者全体の賃金引上げを目指しみんなで元気を出して運動を進めていこう」とあいさつをしました。

  集会決議案をユーコープ労組の秋野学さんが提案し、満場一致で採択されました。

                                                集会宣言

 

 

 集会後、春闘課題や組合の要求「コロナ禍だからこそ大幅賃上げを」「下請け単価を上げろ」「最低賃金を今すぐに1500円へ」「労働時間減らせ・生活時間増やせ」などのボードを、呉服町通りに向けてアピールしました。

 

 

 

西部地区決起集会

 西部地区の決起集会は、浜松市中区の東ふれあい公園で開催しました。

 集会には、地区労連に結集する労組と地域の仲間、家族連れを含め80人が参加し、「大幅賃上げ・底上げで、誰もが希望もてる公正な社会を労働組合でいっしょにつくろう」をスローガンに、総力をあげて22国民春闘を闘うことを確認しました。

 激励に、県評はじめ浜松民商、新婦人浜松支部、市民連合はままつ、日本共産党西部地区委員が駆け付けました。
 その後、13労組からのリレートークが行われ、各労組の春闘の取り組みが報告されました。
 鈴木里子西部地区労連常幹が集会決議案を読み上げて提案し、満場一致で採択され、堀内慶一地区労連議長による団結ガンバロウで集会を閉じました。

 

© 2006 - 2022 静岡県労働組合評議会