「九条の会」の呼びかけに応え、県内各地に「九条の会」をつくろう







いつでも、どこでも、アメリカと一緒に戦争する国にしないために、「戦争法」を廃止!

トピックス

【16.09.21】静岡県評第69回定期大会を開催 (活動報告)

静岡県評は9月17日、静岡市葵区のもくせい会館で第69回定期大会を開催し、代議員・役員・傍聴者約100名が参加しました。

【16.09.09】インターンシップ開催 (活動報告)

静岡県評は、9月7〜9日インターンシップを開催しました。 学生の皆さんに、就職する前に職場を体験してもらう「インターンシップ」を開催しました。実際に職場を見たり、働いている人の声を直に聴くことで進路を決める参考にしていただきました 。また、労働組合が開催するということで「労働組合と企業」のかかわりや、職場での労働組合の役割、ブラック企業とは、などを知ることで就職した後の参考にもなると思い実施しました。

【16.09.12】県評しずおか89号 (県評機関紙)

今月号の記事 ●「憲法と子供の権利条約が生きて輝く教育を」教育のつどい2016 in 静岡 ●原水爆禁止世界大会 ●2016年人事院勧告 ●静岡県の最低賃金「807円/時間給」を答申 ●東芝過労鬱解雇事件6000万以上の賠償命じる ●第30回日本高齢者大会開催 ●「非正規大国」日本の現状と改革の課題

【16.08.31】改憲ストップ!戦争法発動ストップ! 9・19行動 (行事案内)

静岡から「戦争する国NO!!」の声を一緒にあげましょう。2015年9月19日未明、安倍政権は「戦争法=安保法制」強行し、 あれから1年、私たちはあの日のことを忘れたことがあったでしょうか。 7月の参議院選挙により、衆参両院で改憲勢力が3分の2の多数を得たいま、安倍総理は選挙中まったく触れなかった憲法改正を言い出しています。

【16.08.25】公契約シンポ開催 (行事案内)

シンポジュームでは、 「公契約ってなに?」の基本的な学習を行い、公契 約の適正化、条例化の必要性を県全体に広げていきたいと思います。

【16.08.10】県評しずおか88号 (県評機関紙)

今月号の記事 ●最低賃金を1000円以上に ●教育署名スタート集会「ゆきとどいた教育の実現のために」 ●全労連第28回定期大会開催 ●介護職場へ総がかり作戦 ●第24回参議院選挙「野党共闘前進」 ●職場の安全衛生を実現するために ●女性労働者の過酷な現実を招いた韓国映画「明日へ」

【16.07.10】県評しずおか87号 (県評機関紙)

今月号の記事 ●大学もブラック、3大学がシンポジューム ●「倉敷民商弾圧事件」無罪を勝ちとる静岡の会結成 ●富士急行株主総会会場前で宣伝 ●第54回静岡県母親大会島田で開催 ●「わくわく講座」開講式 ●韓国型多文化主義の展開と分岐「静岡県労働研究所」 ●メンタル労災申請過去最多

【16.06.23】富士急行株主総会会場前で宣伝 (争議支援)

6月23日富士急行の株主総会が富士急ハイランド内のホテルで10時より開催され、支援共闘の仲間がホテルの入り口で「石川タクシーの争議解決」を訴えてきました。

【16.06.10】県評しずおか86号 (県評機関紙)

今月号の記事 ●看護職場の改善を求め「ナースウエーブ集会」 ●富士急行本社へ「石川タクシー争議」解決に向け抗議と要請 ●参議院選挙で立憲主義を取り戻せ ●核廃絶を求め「2016年平和行進」静岡県を横断 ●政治を変えよう6・5集会 ●最低生計費試算調査「若年単身者月額約25万円」 ●職場の安全衛生を実現するためにNo.29

【16.05.27】5.27全労連・東京地評総争議支援行動 (争議支援)

27日(金)東京に本社がある企業に、すべての争議の早期全面解決を求めた争議支援行動が行われ「石川タクシー」争議団も参加し、静岡からはマイクロバスで支援の仲間と原告21名が参加しました。


▲ このページの先頭にもどる