静岡県労働組合評議会(静岡県評)

 

 

静岡県の最低賃金 944円 (2022年10月5日より)

働くすべての人に、賃金の最低額(最低賃金額)を保障する制度です。 年齢やパート・学生アルバイトなどの働き方の違いにかかわらず、すべての労働者に適用されます。

静岡県の最低賃金

 

トピックス

県評では自治労連、福保労と連名で 『子どもたちのいのちを守り発達を保障するために、保育行政の在り方を転換し、保育の最低基準の抜本的改善を求める声明』を発表しました。 また、厚労省や県へ提出を行い、保育行政の在り方の転換を ... 続きを読む →

今月号の記事 新春県評議長挨拶                                                       23春闘街頭宣伝                                ... 続きを読む →

2021年6月9日に法律が制定され、今年(2022年)1月19日に施行されました。これは全国各地で、建設労働者が国に対して損害賠償を求めた建設アスベスト訴訟を闘い、最高裁で勝訴した結果、国が超党派で成立させた法律・制度で ... 続きを読む →

岸田内閣は12月16日「安保関連3文書」改定を閣議決定しました。その内容は、相手国領域を直接攻撃してミサイル発射などを阻む敵基地攻撃能力(反撃能力)の保有を明記しており、「専守防衛」を完全に逸脱したものであり、平和憲法や ... 続きを読む →

今月具の記事  2023春闘討論集会・東海大学教職員組合ストライキ支援行動          女性部第33回定期大会開催         教育署名請願行動・ひまわり集会         11.14全国いっせい労働相談   ... 続きを読む →

  今月後の記事 22年秋季年末闘争 仲間をふやしてその力で春闘を勝利しよう ローカルユニオンで新しい仲間がふえました 日本マイクロフィルター工業支部結成          若者に向け情報発信始めよう SNS講 ... 続きを読む →

今月号の記事 静岡県評第75回定期大会 台風15号被害調査 最賃キャラバン全国一斉宣伝 静岡年金裁判第2回東京行動 映画「時の行路」試写会 静岡県労働研究所№75    機関紙はこちら

今月号の記事 ・西部地区労連30周年を祝う ・憲法違反の「国葬」はただちに中止を ・定年引き上げ 65歳まで賃金7割に ・最低賃金 10月5日より時間額944円に ・玉城知事の再選を目指し激布を送る ・ゆきとどいた教育の ... 続きを読む →

ゆきとどいた教育の実現のために  すべての子どもには、ゆきとどいた教育を受ける権利があり、その条件を整えるのは国の責任です。教育予算の増額による少人数学級の前進、教師の定数増、教育費の無償化、給付制奨学金の拡大、特別支援 ... 続きを読む →

今月号の記事 ・核兵器のない平和で公正な世界を      -原水爆禁止2022年世界大会- ・女性代表者会議にぎやかな会議に ・全労連 第31回定期大会開催 ・中央最低賃金審議会 31円を答申 ・コンプライアンス違反のス ... 続きを読む →

© 2006 - 2023 静岡県労働組合評議会